スマホ画面を衝撃から守る最強のガラスコーティング剤

スマホ用最強ガラスコーティング剤を買えば自分でもできる

スマホコーティング剤店員

スマホのガラスコーティングって、ガラスフィルムを張るより高額なイメージがありますが、それはお店に頼んだと気の話。

 

自分でガラスコーティング剤って、フィルムを貼るように空気やほこりが入ることがないから、仕上がりに満足できなかったなんてこともないので、思っているより簡単なんですよ。

 

 

ただ、ガラスコーティングにも選ぶものによってはて、強度が弱かったりするんですね。

 

硬度の高いものを選ぶようにすれば、固まったときの表面からの強い衝撃にも硬化性がを発揮するので、ガラス面を傷や割れから守る確率も高くなります。

 

 

ガラスコーティング剤には『ハルトコーティング』や『防弾ガラスコーティング』とも、いろんな呼び方がありますが、これらはすべて同じガラスコーティングを別の言い方で表現しているだけ。

 

 

元々は、自動車のガラスコーティング剤だったものを、スマホ画面用に改良されて使われています。

 

だからと言って、車用のガラスコーティング剤が余っているからって、スマホには使わないようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

ガラスコーティングの特徴

  • 湾曲画面を保護できる
  • ガラス質の皮膜
  • 指紋が付きにくい
  • 指触りが滑らか

湾曲画面を保護できる

画面の部分にクロスで塗りつけるので、湾曲画面だって角が丸くなっている画面でも表面が平らだったらどんなタイプにも、使えるのが便利です。

 

保護フィルムやガラスフィルムは、機種に合わせたサイズでなければ使えないことを考えると、ガラスコーティング剤なら機種に制限がなく使えて、とっても楽ちん

 

スマホ以外のタブレットやタッチパネル式の家電だって関係ないので、アイデアや使い方次第では幅が広がります。

 

 

ガラス質の皮膜

ガラスコーティングと言っても、実際はガラス質の皮膜なので、本物のガラスではありませんが、なぜかガラスコーティングと呼ばれているのが不思議です。

 

ガラスを粉々に砕いて入っているってこともないので、正しくいえば硬度が高いガラス質の皮膜で、プラスチック材質の一種なんだと思ってください。

 

しかし、プラスチック材料によっては、ハンマーで叩いても割れないくらいの強度があるものも珍しくはないんですよ。

 

 

 

指紋が付きにくい

スマホって電話かけたり、指で触るものだから、どうしても体の皮脂汚れが付着しちゃうんですね。

 

女性なら、ファンデ―ションで画面を汚すケースも多いみたい。

 

 

話を戻すと、皮脂汚れは脂なので、ガラスに付くとティッシュや布で拭かないと、きれいにならないんですね。

 

ただ、乾拭きだと画面がきれいになったように見えるだけで、本当は皮脂汚れを薄く伸ばしているだけって知っていましたか?

 

 

それがガラスコーティング剤を塗ると汚れが付きにくくなるって、信じられませんよね。

 

その秘密は、ガラスコーティング剤には、油分をはじく成分が入っているんです。

 

指紋や指の汚れが全くつかないわけではありませんが、ガラスに浮いている状態なので、サッと一拭きするだけで簡単にきれいになります。

 

 

 

指触りが滑らか

先ほども説明した、油分をはじく成分をガラス面に塗っているだけで、ツルツルというよりもスベスべするくらい滑りやすくなります。

 

指先についている皮脂を常にはじいているから、ガラス面が汚れることがありません。

 

タップしたり、スワイプするときにも、皮脂汚れによる摩擦が減るので、新品のスマホのような反応がよみがえります。

 

 

 

 

ガラスコーティングをするメリットとデメリット

ガラスコーティングをするデメリット

  • 効果が徐々に薄れてくる
  • ガラスフィルムを貼っている
  • ガラスコーティング剤を塗ってから硬くなるまで時間がかかる

 

ガラスコーティングがおすすめできない人

ガラスコーティング剤は永久に効果があると思っている人
画面の補強目的だけでガラスフィルムを貼っている人
塗った瞬時に強度を求める人

 

ガラスコーティングをするメリット

  • 傷や衝撃から画面を守る
  • 指触りを滑らかにする
  • 保護フィルムと違ってサイズがない

 

ガラスコーティングをおすすめできる人

保護フィルムの強度で満足している人
スマホ操作にスピードを重視しない人
適切な保護フィルムのサイズがわからない人

 

 

ガラスコーティングとガラスフィルムの違い

  • ガラスコーティング剤は剥がせない
  • 厚みが出る
  • テクニック不要

コーティングとフィルムとのそれぞれの特徴を説明しますね。

 

ガラスコーティング剤は剥がせない

ガラスコーティングをした後に、何かしらの理由があって剥がしたくなっても、剥がすことはできません。

 

まぁ、スマホ操作が快適になるので、剥がす必要なんてないとは思いますが、念のために覚えておいてくださいね。

 

ガラスコーティング剤を剥がしたり、溶かすような薬剤がないからです。

 

美容院で髪を切ってもらって、もう少し長くしてほしいと言っているようなもので、残念ながら自然に効果が薄れていくのを待つしかありません。

 

その点、ガラスフィルムなら、ペロッと剥がすことも難しくありません。

 

 

厚みが出る

ガラスフィルムには厚みがあるので、その分スマホが分厚くなってしまうのが難点。

 

ガラスフィルムの厚みは、薄いものでも0.2ミリ以上、厚い部類のものになると.03ミリ以上あり、衝撃による強度も厚さによって変わってきます。

 

 

ガラスコーティングは膜を張るだけなので、厚みが全くない気になりません。

 

 

テクニック不要

スマホコーティング剤テクニック
フィルムの場合には、貼りつけるときに、ほこりが入ったり空気の気泡ができたりするので、テクニックが必要です。

 

通常のプラスティックフィルムと違って、ガラスフィルムはきれいに貼れる確率が高いですが、貼り直しができないので、一発勝負のところがあります。

 

 

ガラスコーティングの場合は、慎重にならなくても塗って伸ばして拭き取るだけなので、小学生低学年レベルの子供ができるレベル。

 

テクニックなんて必要なく、お店でやってもらったクオリティーと変わらない仕上がりになります。

 

 

 

ガラスコーティングとガラスフィルムの違いの結果

ガラスコーティングもガラスフィルムも、強度が高くなって汚れが付きにくいので、どちらを選んでも効果だけを見れば同じといえます。

 

自分でやることを前提に考えると、貼るときに失敗する確率があったり、スマホが分厚くなったりするのは、ガラスフィルムの難点です。

 

それ以上に短所でもあったガラスフィルムの不満を補うものが、塗ったら剥がすことはできませんが、ガラスコーティングではないでしょうか?

 

 

 

ガラスコーティングやハルトコーティングは自分でできるの?

スマホなどの画面を強化させるものは、フィルム以外ではガラスコーティングやハルトコーティングが代表的です。

 

iPhoneショップなどで使われるコーティングといえばガラスコーティングではなく、ほとんどハルトコーティングしています。

 

 

では、ガラスコーティングやハルトコーティングには、どう違いがあるのかと言えば、同じようなものですが、どう違うのかを一覧にしました。

 

 

ガラスコーティング ハルトコーティング
施工タイプ 塗り込み スプレーにて吹き付け
重ね塗り 重ねるほど効果あり 一度で十分の効果
ショップで画面のみ行う価格相場 3,000円 4,000円

※コーティング剤の種類によって価格が大きく異なるため、スマホショップの相場で比較しています。

 

 

ハルトコーティングがガラスコーティングより高いのは、ガラスコーティングでは何度も重ね塗りしたくらいの強度を、スプレーを一吹き散布するだけ。

 

スマホショップで、ハルトコーティングを採用しているところが多いのは、作業行程が少ないので1日にたくさんの台数をコーティングができるからです。

 

ガラスコーティングは、作業する時間や手間がかかるけど、価格は安い。

 

 

1回の塗布でもコーティング効果はあるけど、重ねるほど強度や耐久性が増すので、コーティング効果が薄れてきたときにも、空いた時間に復活させることもできます。

 

 

ハルトコーティングでも同様に、薄れていくコーティングを上塗りできますが、同じことをするのなら価格の安いガラスコーティングがおすすめです。

 

 

 

スマホコーティング剤で最強は?

スマホの画面を衝撃から守る目的として補強するには、強度が必要です。

 

衝撃吸収機能の付いたコーティング剤には、必ず強度が記されていますが、どんなものが硬いのか理解したうえで選びたいですね。

 

 

国内で販売されている最強の高度のレベルは鉛筆の硬さで表すと9H

 

9Hの鉛筆では紙に書くってよりも、鉛筆を紙に当てると削ってしまうので、絵画で使用するくらいで画用紙のような厚い紙でしか使えないくらい硬いものです。

 

 

ちなみに9Hの硬さを例えると、ナイフの刃よりも少し柔らかいくらいなので、なんとかギリギリ削ることができます。

 

細い鉛筆でも硬ければ削ることが困難なくらい硬いわけなので、スマホの表面一帯が9Hの硬さで守られるということは、強度9Hは最強と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめのスマホ用ガラスコーティング剤

 

ガラスコーティング剤は、ネットで調べればたくさんヒットしますが、実際にどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?

 

私のおすすめは、ガラスコーティングで最強と言われる『次世代スマホコーティング スマホまもる君』です。

 

 

スマホコーティング剤まもる君

 

 

 

容量が3ミリリットル入っているので、スマホに使える量としては、1回分0.3ミリリットル使用して約200円なので、10台くらいのスマホに使える計算。

 

コーティング剤は、時間とともに効果が薄れるものなので、効果を感じられなくなったら、再度塗り直しするたびに買い直すのは面倒です。

 

余ったスマホまもる君をしまっておけば、効果が薄れてきたときにも使うことがきます。

 

 

 

 

スマホまもる君は多くの人から支持

スマホコーティング剤ランキング

ガラスコーティング剤なんて、どれを使っても同じだと思っているかもしれませんが、スマホまもる君はコーティング効果以外にもたくさんの効果があります。

 

その証拠に、ユーザーが選ぶスマホコーティングでドコモ・au・ソフトバンク携帯3社から第一位を獲得しているコーティング剤なんです。

 

 

 

 

スマホまもる君の特徴

  • ガラス表面を水晶化
  • 表面硬度9H
  • ブルーライトカット
  • カメラのレンズもコーティング可能
  • スマホまもる君に入っているもの

ガラス表面を水晶化

スマホコーティング剤キズ
スマホまもる君の最大の特徴は、ガラス表面に塗ったら空気と触れることで、カップリング剤特有の化学反応を起こして、水晶化することなんです。

 

 

言葉がちょっと難しいですが、簡単に説明すると硬い膜が張るということ!

 

 

水晶化させたガラス表面の膜はとても硬いので、キズから守ってくれたり衝撃に強くなるだけでなく、菌や微生物なども付着しないので、防菌効果もできちゃう。

 

 

また、目には見えない小さな凹凸に入り込んで、しっかりとコーティングされます。

 

すでに画面に細かいキズくらいなら、ほとんど目立たなくなるくらいです。

 

 

コーティングされた表面は、撥水効果も高まりますし、摩擦が起こりにくくなるので、スルスルとした操作が可能になります。

 

 

 

表面硬度9H

スマホコーティング剤硬度
硬度とは、硬さを表す単位のことです。

 

鉛筆の高度も『H』や『B』で表していますよね?

 

 

硬い鉛筆を表す単位の『H』のなかで、最も硬い9Hの鉛筆の硬さと同じなんです。

 

ほぼナイフの刃と変わらないくらいの硬さだと、考えてもらえばわかりやすいかもしれません。

 

 

これはJIS規格の『ひっかき硬度』で定められている、日本最高硬度にあたる数値なんですよ。

 

この硬度によって、スマホの画面をキズから守ってくれます。

 

 

 

ブルーライトカット

スマホコーティング剤ブルーライト
ブルーライトは、液晶ディスプレイから発する有害な紫外線です。

 

スマホまもる君を使えば、大幅にブルーライトの削減してくれるので、使ってみれば今まではと明らかに違いが実感できます。

 

わかりやすいのは、長時間スマホを使っていても目が疲れにくくなる特徴があります。

 

 

 

カメラのレンズもコーティング可能

スマホコーティング剤レンズ
カメラのレンズにも塗ってコーティングすることができるので、レンズを傷から守りましょう!

 

ガメラのレンズも気がつかないうちに汚れて思いがけないピンボケやレンズの曇りをなくして、常にきれいな写真が楽しめます。

 

 

 

スマホまもる君に入っているもの

スマホコーティング剤付属品
スマホまもる君を買えば付属でガラスコーティングに使うクロスが付属で付いてきます。

 

その他箱に入っているものは、スマホまもる君液剤3ミリリットル・取り扱い説明書・ファインクロス(大)1枚・コーティングクロス(小)2枚です。

 

 

 

スマホまもる君の詳細はコチラ

↓  ↓  ↓

 

 

 

スマホまもる君の使い方

 

使用方法は、ガラスコーティングさせたい画面(部分)を、ウェットティッシュでしっかりと拭き取り、汚れを落としたら水気がなくなるまで乾かして準備完了です。

 

次に液剤を全体的に吹き付けたら、コーティングクロスで均一になるよう薄く伸ばして、10分ほど放置して乾かしたら、ファインクロスで拭き取ったら終了。

 

 

とっても簡単ですよね。

 

この作業を数回繰り返すと、ガラス面の強度が上がって長持ちするみたいです。

 

 

ちなみに、塗る回数を繰り返すほど、指が滑りやすくなるので効果が出ていると実感できます。

 

 

クロスは何度も使えますが汚れが付着します。

 

クロスの汚れが気になるなら、使い捨てマスクなどの不織布を代用してください。

 

 

 

スマホまもる君の価格

スマホまもる君の価格は、送料を含み1,980円です。

 

スマホコーティング剤価格

 

 

スマホショップ業者や専門店で、ガラスコーティングをお願いすると、相場は大体1回で3,000円以上します。

 

それと比べて、スマホまもる君で自分でやると、1,980円で10回くらいは使えるから、とっても安く仕上がります。

 

 

自分でコーティングしても、仕上がりのクオリティーは、業者に任せても変わりません。

 

営業時間を気にしたり、予約や待ち時間がないので、あなたの空き時間を有効に使ってコーティングしましょう!

 

 

 

スマホまもる君はコチラから購入できます。

 

スマホコーティング剤ランキング

 

更新履歴